グローナルナビゲーションをスキップして、本文へリンクします。

ここから本文です。

イベント情報

予告なく行事の開催日時、内容が変更となる場合があります。あらかじめご承知おき下さい。

2017年度

美術館・博物館・その他

2018/01/26

客船「飛鳥Ⅱ」清水港入港

詳しく見る

客船「飛鳥Ⅱ」が清水港へ入港します!記念すべき25回目の寄港です。

【入港日】1月26日(金) 8:00
【出港日】1月26日(金)13:00

【トン数】50,142 トン

※天候等の事情により急きょ変更になる場合があります

場所・会場 清水港日の出埠頭
アクセス JR清水駅よりバス「波止場フェルケール博物館」下車、徒歩約5分
TEL 054-354-2432(静岡市清水港振興課)
リンク 清水港客船誘致委員会 HP
2018/01/25〜2018/02/06

駿府匠宿 しずおか葵プレミアム展

詳しく見る

駿府匠宿では展示会や各種体験イベントを開催しています。普段体験できないものが、楽しさいっぱいの内容で皆様をお待ちしております。
※都合によりスケジュールを変更する場合がございます。

場所・会場 駿河匠宿
アクセス JR静岡駅よりバス「吐月峰駿府匠宿入口」下車、徒歩約5分
TEL 054-256-1521(駿府匠宿)
リンク 駿府匠宿 HP
2018/01/11〜2018/03/08

清水港船宿記念館「末廣」吊るし飾り展

詳しく見る

永年、清水ゆかりの吊るし飾り制作や教室を開催している、清水区在住の柵木妙子さんと生徒による吊るし飾りを座敷いっぱいに飾ります。
今回のテーマは「静岡まつり」!!
子どもからお年寄りまで、さらに清水港に入港する客船のお客さまにも楽しんでいただけます。

場所・会場 静岡市清水港船宿記念館「末廣」
アクセス JR清水駅よりバス「港橋」下車すぐ
TEL 054-351-6070(静岡市清水港船宿記念館「末廣」)
リンク 静岡市清水港船宿記念館「末廣」 HP
2018/01/07

客船「飛鳥Ⅱ」清水港入港

詳しく見る

客船「飛鳥Ⅱ」が清水港へ入港します!記念すべき25回目の寄港です。

【入港日】1月7日(日) 8:00
【出港日】1月7日(日)17:00

【トン数】50,142 トン

※天候等の事情により急きょ変更になる場合があります

場所・会場 清水港日の出埠頭
アクセス JR清水駅よりバス「波止場フェルケール博物館」下車、徒歩約5分
TEL 054-354-2432(静岡市清水港振興課)
リンク 清水港客船誘致委員会 HP
2018/01/05〜2018/02/04

静岡市東海道広重美術館 江戸⇔東京百景 Part 2

詳しく見る

歌川広重が本格的に風景版画を手がけはじめたのは、『東海道五拾三次之内』シリーズの刊行より三年前、天保初年(1830)頃に自身が暮らす江戸の風景を描いた『東都名所』だといわれています。それから約25年、数多くの作品を残してきた広重が最晩年にいどんだのが『名所江戸百景』です。全120点(別に目録あり、一部に二代広重作品含む)にも及ぶ大作の中には、ヨーロッパ印象派のゴッホやモネといった画家たちに影響を与えた作品もあり、これまで国内外の多くの人々に影響を与えてきました。
本展では、『名所江戸百景』を中心に広重が「江戸」の風景を描いた作品を展示します。『名所江戸百景』の刊行から約10年後、「江戸」は「東京」へとその呼び名を変えます。広重が残した「江戸」の風景の数々をどうぞお楽しみください。
同時開催として小展示室ではイタリアの写真家、ジュゼッペ・デ・フランチェスコの「東京百」を展示します。広重の『名所江戸百景』のオマージュとして、160年後の東京を切り取った写真作品のシリーズです。江戸の風景版画と現代の東京をトレースした風景写真、一つのテーマでみる二つの異なる表現の世界をお楽しみください。

場所・会場 静岡市東海道広重美術館
アクセス JR由比駅より徒歩25分
TEL 054-375-4454(東海道広重美術館)
リンク 静岡市東海道広重美術館 HP
2018/01/01

静岡県庁別館 富士山展望ロビー【一般開放】

詳しく見る

県庁別館21階にある富士山展望ロビーは毎年元旦に一般開放いたします。高さ82メートルにあり、南東側の眺望が開けているため、素晴らしい初日の出を見ることができます。

【開催日】2018年1月1日(月・祝) *雨天の場合は中止
【時 間】6:30~8:00
【会 場】静岡県庁別館21階 富士山展望ロビー(静岡市葵区追手町9-6)

場所・会場 静岡県庁別館21階 富士山展望ロビー
アクセス JR静岡駅より徒歩約15分
TEL 054-221-2533(静岡県 管財課)
リンク 静岡県庁 HP
2018/01/01

グランシップ 初日の出特別開放

詳しく見る

グランシップ10階展望ロビーから初日の出を眺めませんか。6:30より特別開放して、ご来場をお待ちしています。

場所・会場 グランシップ 10階展望ロビー
アクセス JR東静岡駅南口より徒歩約3分
TEL 054-203-5710(グランシップ総務課)
リンク グランシップ HP
2018/01/01〜2018/01/08

日本平ロープウェイ特別運行【元旦0:00から】

詳しく見る

静岡市の清水区と駿河区の境界に位置する標高308mの丘陵地「日本平」からは、初日の出とともに駿河湾から遠く伊豆の山々、南アルプス、霊峰富士が望めます。日本平山頂から徳川家康公を祀る国宝久能山東照宮までをつなぐ、片道5分のロープウェイが元旦0時から特別運行され、初日の出を見た後に初詣参拝ができます。

<運行予定>
1月1日  0:00(日本平駅始発)~18:00(久能山駅最終)
2、3日  8:00~18:00
4日    8:30~18:00
5日    9:00~18:00
6~8日  8:30~18:00

場所・会場 日本平山頂
アクセス JR静岡駅よりバス「日本平ロープウェイ」下車
TEL 054-334-2026(日本平ロープウェイ)
リンク 日本平ロープウェイ
2017/12/12〜2018/01/04

駿府楽市 正月展

詳しく見る

静岡の伝統、そしてこれから先のもの。駿府楽市には郷土ならではの香りと誇りが溢れています。暮らしの愛蔵品に、あの人への贈り物に。そんな品々をそろえてお待ちしています。

場所・会場 駿府楽市
アクセス JR静岡駅アスティ静岡内
TEL 054-251-1147(駿府楽市)
リンク 駿府楽市 HP
2017/12/12〜2018/03/18

芹沢銈介の収集-手仕事の世界地図-

詳しく見る

染色家である芹沢銈介は、優れた収集家としても知られ、日本をはじめ、世界中の品々を集めました。芹沢銈介美術館には、その大半にあたる4500点が収蔵されています。
 この展覧会では、収集家としての芹沢銈介にスポットを当て、展示の後半部分に、日本、アジア、アフリカ、ヨーロッパ、南北アメリカ、オセアニアなど、地域ごとに計300点を展示します。芹沢銈介の世界の工芸に対する広く深い知識と、ユニークな選択眼をご覧いただきます。
 展示の前半部分には「四季曼荼羅図二曲屏風」「縄のれん文のれん」「鯛泳ぐ文着物」など、芹沢銈介の代表作60点を展示します。
 この機会にぜひ芹沢銈介美術館にご来館ください。

<休館日>毎週月曜日(1/8、2/12を除く)、年末年始(12/26~1/3)、1/9、2/13

場所・会場 静岡市立芹沢銈介美術館
アクセス JR静岡駅よりバス「登呂遺跡」下車
TEL 054-282-5522(静岡市立芹沢銈介美術館)
リンク 静岡市立芹沢銈介美術館 HP
2017/11/23〜2018/01/09

駿府匠宿 正月展

詳しく見る

駿府匠宿では展示会や各種体験イベントを開催しています。普段体験できないものが、楽しさいっぱいの内容で皆様をお待ちしております。
※都合によりスケジュールを変更する場合がございます。

場所・会場 駿河匠宿
アクセス JR静岡駅よりバス「吐月峰駿府匠宿入口」下車、徒歩約5分
TEL 054-256-1521(駿府匠宿)
リンク 駿府匠宿 HP

Page Top ↑