グローナルナビゲーションをスキップして、本文へリンクします。

ここから本文です。

イベント情報

予告なく行事の開催日時、内容が変更となる場合があります。あらかじめご承知おき下さい。

2017年度

美術館・博物館・その他

2018/03/31〜2018/03/31

初寄港!ノルウェージャン・ジュエル

詳しく見る

清水港にノルウェージャン・ジュエルが初寄港します!

 入港時間 12:00
 出港時間 20:00

 ノルウェージャン・ジュエル
 総トン数 93,502t
 全  長 294.13m
 速  力 22.5ノット
 運  航 ノルウェージャンクルーズライン

場所・会場 清水港日の出埠頭
アクセス JR清水駅よりバスおよそ10分  車 東名清水ICよりおよそ15分
TEL 054-354-2432 (清水港客船誘致委員会)
リンク 清水港客船誘致委員会
2018/03/21〜2018/06/10

登呂博物館企画展 「ウトウ・トロ・タカノミチ」

詳しく見る

弥生時代を代表する登呂遺跡。実は、その近くにも多くの遺跡が眠っています。
中でも「有東遺跡」、「鷹ノ道遺跡」は隣り合った、いわば「お隣さん」とも言える遺跡です。

この三つの遺跡に残された遺構や遺物をみると、大変深いつながりがある遺跡ということが分かります。
では、これら区別された「遺跡」とは?どんな違いがあるのでしょうか?
それとも実は、同じもの?

弥生時代の集落形態に迫る展示です。

場所・会場 静岡市立登呂博物館(駿河区登呂5丁目)
アクセス JR静岡駅南口よりバス「登呂遺跡」行き終点下車
TEL 054-285-0476(静岡市立登呂博物館)
リンク 静岡市立登呂博物館 HP
2018/02/10〜2018/03/25

白隠禅師250年遠諱記念展 「駿河の白隠さん」

詳しく見る

「駿河には過ぎたるものが二つあり、富士のお山に原の白隠」と称えられた白隠慧鶴(はくいん えかく 1685~1768)禅師は、臨済禅の中興の祖で、特に禅の民衆化に努めたことで知られます。
白隠は、江戸時代中期、駿河国原宿(現・静岡県沼津市)の町屋に生まれるも、15歳で出家して原の松蔭寺に入り、諸国を行脚して飯山(現・長野県)で悟りを開き、32歳の時、請われて松蔭寺に帰り、これを復興。晩年は三島の龍澤寺を開山し、松蔭寺で84年の長寿を全うしました。
その間、特に60代後半以降(宝暦~明和期 1751~72)、達磨や観音、あるいは祖師のほか、様々な恰好の布袋や大黒をはじめとした七福神、親孝行などを説いた墨蹟や絵画を揮毫しました。宝暦・明和といえば江戸で錦絵が誕生し、京では白隠に参禅した池大雅や伊藤若冲が活躍した時代です。
本展は静岡の寺院や在家居士宅に伝来した白隠の書画を中心に、135件を一堂に会し、その画風の変遷や江戸絵画への影響を探るものです。江戸時代の社会における白隠、美術史的側面からみた白隠を改めて顕彰します。ご期待ください。

【料 金】 一般       1,200円
      大高生・70歳以上  800円
      中学生以下      無料

場所・会場 静岡市美術館
アクセス JR静岡駅北口より徒歩3分(葵タワー3F)
TEL 054-273-1515(静岡市美術館)
リンク 静岡市美術館HP
2018/02/08〜2018/03/06

駿府匠宿 ひなまつり展

詳しく見る

駿府匠宿では展示会や各種体験イベントを開催しています。普段体験できないものが、楽しさいっぱいの内容で皆様をお待ちしております。
※都合によりスケジュールを変更する場合がございます。

場所・会場 駿府匠宿
アクセス JR静岡駅よりバス「吐月峰駿府匠宿入口」下車、徒歩約5分
TEL 054-256-1521(駿府匠宿)
リンク 駿府匠宿 HP
2018/02/06〜2018/04/01

浮世絵と囲碁

詳しく見る

徳川記念世界囲碁まつりイン静岡関連事業
2000年以上の歴史を持つ囲碁は奈良時代に日本に伝わり古典文学にも登場するなど
古くから親しまれてきました。今回、静岡市で開催される世界囲碁まつりにあわせ
エルヴィン・ゲアストルファーコレクションより囲碁が書かれた浮世絵作品を展示します。
江戸時代の人々の文化をお楽しみください。

 Part1 2月6日(火)~3月4日(日)
 Part2 3月6日(火)~4月1日(日)
 開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
 入館料  一般510円 大学生・高校生300円 中学生・小学生120円

場所・会場 静岡市東海道広重美術館
アクセス JR由比駅から徒歩25分
TEL 054-375-4454 (静岡市東海道広重美術館)
リンク
2018/02/03〜2018/03/18

駿河東海道おんぱく

詳しく見る

冬の駿河を食べる、出会う、まちあるく。
昨年度の第一回目に引き続き、
「駿河 東海道おんぱく2018」が始まります。

「東海道」をテーマに、39の体験プログラムが大集合!
新しい「静岡」を体験する44日間!!
あなたも静岡の「温故知新」を五感で楽しんでみませんか?


<駿河 東海道おんぱく2018 開催概要>

【開催期間】 2月3日(土)~ 3月18日(日)まで(44日間)
【開催場所】 蒲原から丸子までの6つの宿場エリアを中心とした市内各所
【内  容】 「つくる・たべる・まなぶ・あそぶ・みがく」を楽しむ39プログラム
【料  金】 有料(金額はプログラムにより異なります)
【申込方法】 要事前予約
       Webまたは電話でお申し込み下さい(プログラムにより異なります)

場所・会場 プログラムにより異なります
TEL 080-4840-5946(駿河東海道おんぱく事務局)
リンク 駿河東海道おんぱく 公式HP
2018/02/03〜2018/03/18

幻の大寺 建穂寺(たきょうじ) ~守り継がれしみほとけたち~

詳しく見る

建穂寺(たきょうじ)は飛鳥・奈良時代に建立されたと伝えられ、明治時代の神仏分離政策によって廃寺
になるまで、駿河を代表する大寺でした。
今まで守り残された貴重な仏像群を展示、また保存と次代に繋げる活動を紹介する展示を行っています。

 日 時 2月3日(土)~3月18日(日) 9:00~16:30
 会 場 静岡市文化財資料館
 入館料 一般200円 中学生以下50円 ※団体(20名以上割引あり)
 

場所・会場 静岡市文化財資料館 (葵区宮ヶ﨑町 静岡浅間神社境内)
アクセス JR静岡駅よりバスおよそ10分  自家用車は浅間神社駐車場利用可
TEL 054-245-3500 (静岡市文化財資料館)
2018/01/11〜2018/03/08

清水港船宿記念館「末廣」吊るし飾り展

詳しく見る

永年、清水ゆかりの吊るし飾り制作や教室を開催している、清水区在住の柵木妙子さんと生徒による吊るし飾りを座敷いっぱいに飾ります。
今回のテーマは「静岡まつり」!!
子どもからお年寄りまで、さらに清水港に入港する客船のお客さまにも楽しんでいただけます。

場所・会場 静岡市清水港船宿記念館「末廣」
アクセス JR清水駅よりバス「港橋」下車すぐ
TEL 054-351-6070(静岡市清水港船宿記念館「末廣」)
リンク 静岡市清水港船宿記念館「末廣」 HP
2017/12/12〜2018/03/18

芹沢銈介の収集-手仕事の世界地図-

詳しく見る

染色家である芹沢銈介は、優れた収集家としても知られ、日本をはじめ、世界中の品々を集めました。芹沢銈介美術館には、その大半にあたる4500点が収蔵されています。
 この展覧会では、収集家としての芹沢銈介にスポットを当て、展示の後半部分に、日本、アジア、アフリカ、ヨーロッパ、南北アメリカ、オセアニアなど、地域ごとに計300点を展示します。芹沢銈介の世界の工芸に対する広く深い知識と、ユニークな選択眼をご覧いただきます。
 展示の前半部分には「四季曼荼羅図二曲屏風」「縄のれん文のれん」「鯛泳ぐ文着物」など、芹沢銈介の代表作60点を展示します。
 この機会にぜひ芹沢銈介美術館にご来館ください。

<休館日>毎週月曜日(1/8、2/12を除く)、年末年始(12/26~1/3)、1/9、2/13

場所・会場 静岡市立芹沢銈介美術館
アクセス JR静岡駅よりバス「登呂遺跡」下車
TEL 054-282-5522(静岡市立芹沢銈介美術館)
リンク 静岡市立芹沢銈介美術館 HP

Page Top ↑