グローナルナビゲーションをスキップして、本文へリンクします。

ここから本文です。

イベント情報

予告なく行事の開催日時、内容が変更となる場合があります。あらかじめご承知おき下さい。

2019年度

美術館・博物館・その他

2019/08/07〜2019/10/20

印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション

詳しく見る

 バレル・コレクションは、産業革命期に船舶の売買で財をなした海運王ウィリアム・バレルが蒐集した古今東西におよぶ美術工芸品から成る世界屈指の美術館の一つです。
 本展では、ドガの名作《リハーサル》をはじめ、永らく現地でしか見られなかったイギリス、フランス、オランダの画家たちの優品73点が同館のリニューアル工事に伴い初来日となります。さらにセザンヌ、ルノワール、ゴッホなど7点(うち日本初公開3点)を加え、総数80点で写実主義から印象派への流れをたどります。

【観 覧 料】一般1,300円、大高生900円、中学生以下無料
【開館時間】10:00~19:00

場所・会場 静岡市美術館
アクセス JR静岡駅北口より徒歩3分(葵タワー3F)
TEL 054-273-1515
リンク 静岡市美術館 HP
2019/07/14〜2019/11/24

芹沢銈介美術館 暮らしを彩る ー芹沢銈介の生活デザインー

詳しく見る

■開催日:2019年7月14日(日)~11月24日(日)
■時 間:9:00~16:30
■料 金:一般420円、大高生250円、小中生100円

場所・会場 静岡市立芹沢銈介美術館
アクセス JR静岡駅よりバス「登呂遺跡」下車
TEL 054-282-5522(静岡市立芹沢銈介美術館)
リンク 静岡市立芹沢銈介美術館 HP
2019/07/13〜2019/09/08

登呂博物館 夏季企画展「FIRE ~火から生まれた文化~」

詳しく見る

 ヒトは火を偶然発見してから、生み出して操る術を身に付け、「光」と「熱」を衣食住に利用しました。時を経て電気の誕生により、電気が「火」の役目を果たすようになりました。
 近年、火の役割は減りましたが、火は古代から生活に欠かせないものであり、なくてはならないものです。この展示では火の役割を振り返ります。

【開催期間】令和元年7月13日(土)~ 9月8日(日)
      ※月曜日、祝日の翌日は休館です。(7/15、8/12・13は開館)
【場  所】登呂博物館2階 特別・企画展示室
【観 覧 料】一般300円、高・大学生200円、小・中学生50円
     

場所・会場 静岡市駿河区登呂五丁目10番5番 静岡市立登呂博物館
アクセス JR静岡駅南口よりバス「登呂遺跡」行終点。 駐車場あり(有料)
TEL 静岡市立登呂博物館  TEL:054-285-0476
リンク
2019/06/14〜2019/09/01

みほしるべ 企画展「海の彼方の富士」

詳しく見る

三保からの富士山の写真をみほしるべ内に展示します。

開催期間:6月14日(金)~9月1日(日)

場所・会場 静岡市三保松原文化創造センター みほしるべ
アクセス JR清水駅よりバス「三保松原入口」下車
TEL 054-340-2100
連絡先 静岡市三保松原文化創造センター みほしるべ 
リンク みほしるべHP

Page Top ↑