大御所四百年祭記念 家康公を学ぶ

家康公の生涯

幼少時代の竹千代

大 中 小

駿府人質以前

天文11年(1542)12月26日に家康(竹千代)は三河に生まれた。今川義元が絶頂のころで、戦国時代の真最中だ。父の松平広忠が三河国を支配していたが、東の今川義元、西の織田信秀に挟まれ、三河領国は、どちらに占領されてもおかしくない現状にあった。広忠は年も若く、西三河の家臣たちには織田方になびく者もあり波乱万丈の領国経営に苦しんでいた。

天文16年(1547)織田信秀(信長の父)が大軍を岡崎に送って総攻撃の動きをみると、広忠は義元に援軍を求めた。義元は人質を要求し、広忠は6歳になった竹千代を駿府に送った。竹千代護送役の田原城主戸田宗光は、今川に背くことなく忠誠を誓っていた男であった。ところが戸田は、駿府に送るどころか竹千代を奪い取り、銭千貫文で織田信秀に売り飛ばした。「三河物語」三河物語では永楽銭千貫文、「松平記」では百貫文とある)

竹千代を買った織田側は、再三広忠を脅すが広忠は要求に応ずるどころか、こう言った。「息子を殺さんと欲せば即ち殺せ、吾一子の故を以て信を隣国に失はんや」と。織田信秀はこれを聞いて「広忠良将なり」と感歎したという。こうして竹千代は名古屋の織田家の菩提寺である万松寺に預けられ、この寺で2年間あまりの人質生活を送っていた。竹千代はその後、今川家の人質から脱して織田信長と同盟するが、この時点で織田信長とは出会いがあった。

一方、竹千代を奪われた今川義元は激怒し、天文16年(1547)8月の末から攻撃し、9月5日には田原城の戸田宗光を攻め落した。この戦いで活躍したのが、今川家の軍師で、静岡市葵区大岩にある臨済寺の住職雪斎であった。滅亡した田原城には、今川義元の家臣伊東祐時(いとうすけとき)が入った。今川軍は、さらに織田勢を攻めまくり一進一退の後、やがて織田勢は崩れて西三河を退散した。

揺れに揺れた松平氏であったが、今度は天文18(1549)年3月6日に竹千代の父松平広忠が死んだ。暗殺と言われるが真相は不明である。竹千代はこのとき8歳で、織田信秀の人質であったため父親の死に目に会うこともできなかった。続いて義元が臨済寺の雪斎らを再び派遣した。

信秀の息子信広と竹千代の人質交換が成立したのは、竹千代にとっては父の死から8カ月後の天文18年11月8日であった。ちょうど安祥城の攻撃で今川軍は大勝し、織田信広を召し捕った。そこで竹千代と信広の人質交換という形で事態は収まった。岡崎城には、今川義元の家臣が城代として入城し三河国は実質的に今川の属領となっていった。

8歳になった竹千代は、岡崎城主の身分のまま義元の人質として駿府に送られた。竹千代が再び自分の岡崎城に戻ったのは、それから11年後の永禄3年(1560)5月、桶狭間の戦いで今川義元が戦死してからである。竹千代が岡崎に帰還したのは19歳であった。それ以後の竹千代は、やがて名前も家康と改名し自立した戦国大名として大きく飛躍する。

駿府人質時代

竹千代が今川義元の駿府に人質として来たのは8歳のときであり、今から458年(大御所400年祭の年より)ほど前の天文18年(1549)12月27日(11月22日の異説あり)という。この時岡崎からはお供七人が随行した。竹千代の住居(人質邸)は、「三河物語」には「少将の宮の町」とあり、「武徳編年集成」には「宮の前に御屋敷あり」とあって、特定はできない。現在では華陽院(けよういん)(静岡市葵区伝馬町)の近くとする説もある。今川義元当時の古絵図や古地図もないため、竹千代の住所は特定できない。

当時の駿府がどんな町であったのかについては手掛かりが少ない。今川家は永禄11年、武田信玄の駿府侵入で焼き尽くされ奪い尽くされて滅亡した。その後の武田信玄も特別駿府に力を入れて再興したわけでもない。その後徳川家康は、天正時代に駿府城主となって駿府を再興した。さらに大御所として駿府に来ると、大々的補修が行われたため、家康が造った駿府城の範囲に今川義元当時の駿府城下が飲み込まれた形となった。このため今川義元時代の範囲すら知る手掛かりに欠ける。静岡市郊外の寺社の位置の変動は少ないが、現在の静岡市街地にある寺社の場所は今川時代とも異なっている。

手習の間さて、駿府に来た人質の竹千代は、大変病弱であったために祖母が付き添って面倒を見た。祖母とは竹千代の生母、つまり於大の方の母源応尼(のちの華陽院)である。祖母は娘に代わって竹千代の面倒を見た。勉学のため祖母は竹千代に、智源院の智短和尚に手習いを学ばせた。またある時には、大岩臨済寺の今川家軍師太原雪斎からも勉学の手ほどきを受けたという。臨済寺には「竹千代手習いの間」(写真)がある。臨済寺は武田信玄の駿河侵略の時焼失したため、江戸時代に復元された部屋として伝わるものである。

竹千代は母親とは3歳で生き別れし、父親とは8歳で死別した。物心ついてから竹千代の苦難が始まったが、駿府に人質として来た竹千代には、じめじめとした暗い人質のイメージは少ない。今川家軍師の臨済寺雪斉和尚からも勉学指導を受けるなど、通常の人質とは大きく違った。一般的に人質というと暗い座敷牢の感覚であるが、やせても枯れても竹千代は岡崎のプリンスである。現在の歴史家たちは、竹千代を人質と言うよりは岡崎から来た「政務見習い」として駿府に預けられたという見方をしている。

とはいっても竹千代が人質の身分であったことには間違いない。竹千代の駿府生活は、8歳から19歳までであった。現代に置き換えると、小学2年生から大学2年生までの出来事であり、多感で最も知識欲旺盛な時代を駿府ですごしたことになる。

このころの今川義元は、「戦国の雄」として絶大なる力を持った大名である。そのため義元の駿府城下町は、戦国三大文化都市とも呼ばれた・周防(すおう)の大内氏の山口、北陸・越前の朝倉氏の一条谷とともに全国的に注目され、高度な公家文化の香り高い町だった。もともと今川家は、公家との関係が深い。今川義元の母寿桂尼(じゅけいに)は、京都中御門大納言宜胤(のぶたね)の娘であったことからも、義元の支配する駿府城下町は、「東海の小京都」として注目されていた。そのため公家衆は、今川家を頼って今川義元の世話になっていた者が多かった。こうした関係もあって、義元は公家の生活におぼれ、日々遊興にふけり大切な軍事を太原雪斎(臨済寺住職)に委ねた側面もあった。今川義元が、公家になった戦国大名などと呼ばれたのもそのためだった。竹千代はおそらく、そんな今川義元を反面教師として見ていたかもしれない。

弘治元年(1555)義元は、「元」の一字を竹千代に与え14歳で元服させた。松平次郎三郎元信の誕生だ。元服した翌年に元信は岡崎への里帰りを許された。祖先の法要と墓参が目的である。元信は八歳の時に父を失ったが、このとき初めて亡き父親への墓参を果たした。

岡崎城では、城を守る鳥居忠吉(80歳)からひそかに城内を案内された。家臣たちが苦労して、元信がやがて岡崎城に帰国したときに困らないように軍資金や兵糧米を蓄えていたのを見せられたという。食う物も食わずに苦労していながら、家臣たちが元信に夢を託していたことを知った。これに励まされた元信は、この時に将来の自立を心に誓ったという。

弘治3年(1557)正月15日、元信は蔵人元康と改名した。義元の勧めで、元康は16歳で瀬名姫(今川義元の姪)と結婚した。一人前となった元康は、その直後に西三河攻めを今川義元に命じられ初陣を飾った。勝利の陰には大樹寺(松平家の菩提寺)の登誉上人が、衆徒を引き連れ「厭離穢土・欣求浄土」の旗をシンボルに加勢してくれたという。

それから2年後、今川義元は戦国乱世をまとめるため京都上洛を目指して大軍を動かした。ところが雄図むなしく桶狭間の戦いで織田信長に敗れた。戦国の均衡は崩れた。替わって織田信長が登場した。元康は上洛軍の先鋒隊であったが、今川義元の戦死を境に今川家と決別し岡崎城に戻った。以後元康は自国の統一に動き、永禄6年(1563)7月、今川義元から貰った「元」の字を返上して「松平家康」と改名した。

竹千代はどこに住んでいたか?

家康が駿府に人質として来ていたころ、どこに今川義元が住んでいたのかは江戸時代の諸資料でも特定できない。そこで「駿河志料国府別録」(岩瀬文庫蔵)から見てみよう。この本は、家康が在府中のことを沢山の書物から引用して検討を加えている。それによると、宮ケ崎の報土寺の辺りが有力である。

本書の中の「宮ケ崎御旅館跡」という項目に興味あることが書かれているのでその概要を紹介したい。

「大神君御幼稚のとき、本府に御座まししは、宮ケ崎御旅館と諸史に見ゆ。古老の伝にいう。今の報土寺の地なり。元禄中、同寺古絵図に寺の西境に屋形跡を記せり。(中略)天文十八年、竹千代君駿府に赴せたまう。云々。今川義元大いに悦びて、竹千代君に謁見し、駿府宮ケ崎に御旅館を新たに修し、ここに移し奉りて、久嶋土佐守をして、君に付け置き慇懃(いんぎん)にす。その頃、今川が従士孕石主水君に数回無礼をなす。また大河内某及び岡部次郎左衛門尉宮ケ崎に参候して、常に寒温を問い奉りて、深志の功を尽す。(中略)武徳編年集成には、天文18年11月22日駿府着御と記され、岡崎物語には、同19年駿府へ御下向と見え、各々異動あり。御旅館は、安民記・武徳編年集成・三河記等には家忠日記と同じく見え、本府古老の伝説かつ地名も存せり。岡崎物語御年譜細註には、少埓町(しょうしょうまち)とあり。本府に今この地名なし。花(華)陽院伝説に彼の寺は元智源院という。その寺の辺を少埓町といいけると言う。この如くあれば、御旅館は家忠日記にある如く、宮ケ崎にありて、少埓町は源応院君の御庵室の地にて御筆学の所なり」〔駿河志料国府別録〕。

次へ 戻る

ページの先頭へ