大御所四百年祭記念 家康公を学ぶ

家康公の略年表

青年時代・人質後期

大 中 小
西暦 和暦 大御所家康公の出来事と事跡
1555 弘治1 14 浅間神社で元服し、松平次郎三郎元信と名乗る。※雪斎没
1556 弘治2 15 元信、父の法要のため岡崎に一時帰国
1557 弘治3 16 関口親永(義広)の娘〔瀬名姫〕をめとる。このころ元康と改名。
1588 永禄1 17 今川義元の命により、初陣として三州寺部城を攻める。
1559 永禄2 18 長子信康誕生
1560 永禄3 19 義元は京都上洛、桶狭間で義元は織田信長の奇襲をうけて敗死(享年42歳)。家康は戦地から岡崎に戻り、人質から脱する。
1561 永禄4 20 織田信長と和睦、三河平定に着手(一向宗と苦戦)。
1562 永禄5 21 織田信長と同盟、今川家と断交
1563 永禄6 22 長子信康、織田信長の娘徳姫と婚約。この年、家康と改名、(駿河の今川氏と絶交し、義元からもらった元信の名前を返上)。
次へ 戻る

ページの先頭へ