大御所四百年祭記念 家康公を学ぶ

家康公の略年表

岡崎城主時代

大 中 小
西暦 和暦 大御所家康公の出来事と事跡
1564 永禄7 23 三河の一向一揆を平定し三河全域を支配する
1566 永禄9 25 従五位下、三河守に任ぜられ松平姓を徳川姓と改める。
1567 永禄10 26 長子信康が織田信長の娘(徳姫)と結婚。
1568 永禄11 27 織田信長、足利義昭を奉じて入京。足利義昭、将軍となる。この年、武田信玄と駿河と遠江の分割を約し遠江へ侵入。
1570 元亀1 29 岡崎城を信康に譲り、浜松城に移る。この年、姉川の戦いに勝利、信康元服、家康は織田信長とともに朝倉義景の軍を破る。
1571 元亀2 30 武田信玄、遠江に侵入、さらに三河に侵入し諸城を攻める。
1572 元亀3 31 三方ヶ原に信玄を迎え撃つが三万の大軍に大敗。(三方ヶ原の合戦)
1573 天正1 32 武田信玄病死〈享年53歳〉。家康、駿河に侵入。信長は将軍義昭を追放し、室町幕府が滅亡する。
1574 天正2 33 次子秀康生まれる。母は永井氏。この年に遠江高天神城で武田勝頼と戦い敗走。
1575 天正3 34 武田勝頼、三河に侵入。信長と家康の連合軍は長篠の戦で勝頼を破り、順次駿河の勝頼軍を排除する。
1578 天正6 37 上杉謙信没〈享年49歳〉、勝頼の田中城を攻略。
1579 天正7 38 秀忠誕生、家康は信長の命により築山殿を殺害、信康を自殺させる(享年21歳)北条氏政と和睦
1581 天正9 40 高天神城を攻略し、遠州の全域を平定
1582 天正10 41 信長と家康、甲斐の天目山に武田勝頼を滅ぼし甲斐に侵入。家康論功行賞として、織田信長から駿河を与えられる。織田信長を招待するために蒲原に御殿造営。また織田信長に挨拶のため上京。本能寺の変〈信長没49歳〉、堺から急遽三河に帰る(伊賀越えの危難)。甲信の支配に全力を注ぐ。
1583 天正11 42 家康は賎ヶ岳の合戦後、督姫を北条氏政の嗣子氏直と政略結婚
1584 天正12 43 織田信長の息子(信雄)と秀吉が不和になり、秀吉は家康に接近する。その後、秀吉は信雄と和睦する。(家康は次子秀康を人質として秀吉に送る)。小牧・長久手の合戦。
次へ 戻る

ページの先頭へ