グローナルナビゲーションをスキップして、本文へリンクします。

ここから本文です。

イベント情報

予告なく行事の開催日時、内容が変更となる場合があります。あらかじめご承知おき下さい。

2022年度

美術館・博物館・その他

2022/04/29

葵生涯学習センター(アイセル21) 父と子で作る 母の日ハーバリウム(全1回)

詳しく見る

日頃の感謝を込めて、お母さんをイメージしたハーバリウム作品を
お父さんとお子さんで作ります。

【日 時】 4月29日(金・祝)10:00~12:00
【対 象】 小学1~3年生の子とその男性保護者 10組
【料 金】 1組 2,000円
【申 込】 往復はがきまたは、ホームページより申込
       4月17日必着
       子供の年齢も記入

場所・会場 葵生涯学習センター(静岡市葵区東草深町3-18)
アクセス JR静岡駅北口よりバス「アイセル21」下車
TEL 054-246-6191(葵生涯学習センター)
2022/04/27

西部生涯学習センター 体験!はじめてのLINE講座(全1回)

詳しく見る

LINEの基本操作からスタンプ・写真送信などの便利な活用術について体験
しながら学びます。
※講座で使用するスマートフォン(iphone)は貸し出します。

【日 時】 4月27日(水)
       ①10:00~11:30
       ②14:00~15:30
【対 象】 各10人
【料 金】 無料
【申 込】 電話で申込
       4月6日(水)14:00~申込順

場所・会場 西部生涯学習センター(静岡市葵区田町三丁目46-5)
アクセス JR静岡駅北口よりバス「田町四丁目」 下車
TEL 054-255-3960(西部生涯学習センター)
リンク 静岡市西部生涯学習センター
2022/04/24

西部生涯学習センター 父と子どものフラワーアレンジメント(全1回)

詳しく見る

父子で協力して春のフラワーアレンジメントに挑戦しましょう。

【日 時】 4月24日(日)10:00~12:00
【対 象】 3歳から未就学児とその男性保護者 10組20人
【料 金】 1組 2,500円
【申 込】 電話で申込
      4月6日(水)10:00~申込順

場所・会場 西部生涯学習センター(静岡市葵区田町三丁目46-5)
アクセス JR静岡駅北口よりバス「田町四丁目」 下車
TEL 054-255-3960(西部生涯学習センター)
リンク 静岡市西部生涯学習センター
2022/04/23〜2022/04/24

静岡科学館る・く・る  サイエンスショー メラメラ燃焼実験!サイエンスファイヤー

詳しく見る

おどろき・ふしぎがいっぱいの楽しい大型科学実験ショー!
火について考えたことがありますか?
ものを燃やす迫力のある実験ショーを楽しもう!

【日 時】 4月23日(土)・24日(日)
       11:00、14:00
       (各回30分程度)
【対 象】 どなたでも
【申 込】 不要
【参加費】 無料(入館料別途)
  

場所・会場 静岡科学館る・く・る (静岡市駿河区南町14-25)
アクセス JR静岡駅より徒歩約1分(エスパティオ8~10階)
TEL 054-284-6960(静岡科学館る・く・る)
リンク 静岡科学館る・く・る HP
2022/04/16

静岡市美術館 関連イベント 講演会「光と色彩の世紀 印象派からエコール・ド・パリへ」

詳しく見る

成城大学名誉教授・広島県立美術館館長の千足伸行氏を招き、
印象派からエコール・ド・パリに至るフランス近代美術の
流れについてお話しいただきます。

【日 時】4月16日(土)開場13:30 14:00(開演)~15:30
【定 員】50名(予定)
【参加料】無料
【申込締切】3月31日(木)必着
      ※申込方法の詳細は静岡市美術館ホームページをご覧ください。

場所・会場 静岡市美術館 多目的室(静岡市葵区紺屋町17-1 葵タワー3階)
アクセス JR静岡駅北口より徒歩3分(葵タワー3F)
TEL 054-273-1515(静岡市美術館)
リンク 静岡市美術館 HP
2022/04/09〜2022/06/19

静岡市美術館 スイスプチ・パレ美術館展 花ひらくフランス絵画

詳しく見る
オーギュスト・ルノワール《詩人アリス・ヴァリエール=メルツバッハの肖像》1913年油彩/カンヴァス スイス プチ・パレ美術館 ASSOCIATION DES AMIS DU PETIT PALAIS, GENEVE

スイスのジュネーブにあるプチ・パレ美術館は、工業用ゴムの製造で
財をなしたオスカー・ゲーズ氏によって1968年に創設されました。
「平和に奉仕する芸術」という理念のもとに収集されたコレクションは、
19世紀後半から20世紀初頭のフランス絵画で構成されています。
ゲーズ氏が亡くなった1998年以降、美術館は休館状態に入り、各国の
展覧会に出品協力をしてきました。同館の所蔵品が30年ぶりにまとめて
来日する本展では、65点の油彩画によってフランス近代美術の軌跡を
たどります。
19世紀後半から20世紀初頭のパリでは移ろいゆく自然を活写した印象派、
科学と美術を融合させた新印象派、平坦な色面で神秘的な世界を表した
ナビ派、色彩の解放を謳ったフォーヴィズム、幾何学図形で画面を構成
したキュビズム、個性豊かな芸術表現を開拓したエコール・ド・パリ
など、様々な美術潮流が生じました。オーギュスト・ルノワール、
モーリス・ドニ、ラウル・デュフィ、アンドレ・ロート、モーリス・ユトリロ、
藤田嗣司ら、38作家による名品をぜひご覧ください。


【期  間】4月9日(土)~6月19日(日)
【休 館 日】毎週月曜日(ただし5/2(月)は臨時開館)
【時  間】10:00~19:00(入場は閉館の30分前まで)
【観 覧 料】一般1,400(1,200)円、大高生・70歳以上1,000(800)円、
      中学生以下無料
      お得な一般前売ペアチケット2枚1組2,200円
      ※()内は前売料金および当日に限り 20名以上の団体料金
      ※障がい者手帳等をご持参の方及び介助者原則1名は無料
      ※静岡市美術館HPより日時指定予約ができます。
【前売券・一般前売ペアチケット】2月26日(土)から4月8日(金)まで販売

場所・会場 静岡市美術館(静岡市葵区紺屋町17-1 葵タワー3階)
アクセス JR静岡駅北口より徒歩3分(葵タワー3F)
TEL 054-273-1515(静岡市美術館)
リンク 静岡市美術館 HP
2022/04/05〜2022/07/10

静岡市東海道広重美術館 江戸名所四日めぐり ~南・西・北・東 日帰りたび~

詳しく見る

徳川家康の入府以降、開発が進み大都市に成長した江戸の町には、
地方から様々な理由・目的で人々が訪れています。本展では地方
から訪れる人向けの宿が多かった馬喰町を起点に、日帰りで回れ
る江戸のスポットを東・西・南・北に分けて紹介した旅行案内図
『江戸見物四日めぐり』を参考に、広重が描いた浮世絵で紹介し
ます。

会期:Part1 4月5日(火)~5月8日(日)
   Part2 5月10日(火)~6月12日(日)
   Part3 6月14日(火)~7月10日(日)
   

開館時間:9:00~17:00
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は開館、翌平日休館)
入館料:一般520円(410円)、大学生・高校生310円(250円)、
    中学生・小学生130円(100円)※未就学児は無料
    ※()は20名以上の団体料金

※各種割引制度等は公式HPでご確認ください。

場所・会場 静岡市東海道広重美術館(静岡市清水区由比297番地の1)
アクセス JR由比駅から徒歩25分
TEL 054-375-4454 (静岡市東海道広重美術館)
リンク 静岡市東海道歌川広重美術館 HP
2022/04/03〜2022/04/29

静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター 春を彩るクリエージョン Creation12×Poem12

詳しく見る

12人のクリエーターと詩人たいいりょうがコラボレーション!

いまだ猛威をふるうコロナ禍でこの国の人々も
春夏秋冬、耐え忍ぶ日々が続いています。
その間、環境変化による様々な災害が地球に襲いかかり
文化も経済も先の見通せない時代となりました。
そんな今だからこそ見失いたくない大切なものがあります。
それは私たちのクリエイティブの力ではないでしょうか。

しずおかの春    詩人 たいいりょう

まだ来ないな
もういないよ

しずおかの春は
早くて遅い
桜は咲いたか
梅は散ったか
冬をふっ飛ばし
春はやってくる
静かにやってくる
丘にはヒバリが
啼いている
春来たる

12編のうちの1編より


【期 間】4月3日(日)~4月29日(金)
     ※月曜休館 
【時 間】10:00~21:00 
【料 金】無料

場所・会場 静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター(1階 2階 ギャラリー)静岡市葵区七間町15番の1
アクセス JR静岡駅より徒歩約15分
TEL 054-205-4750(静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター)
リンク 静岡市文化・クリエイティブ産業振興センターHP
2022/04/02〜2022/05/08

静岡市清水文化会館マリナート 冨田伊織 新世界『透明標本』展

詳しく見る

ようこそ、美しくも不思議な世界へ
「標本」という印象からはあまりにもかけ離れた美しさは、まるで
鉱物によって形作られたかのような美しさです。
たんぱく質を酵素により分解し、肉質を透明に、そして硬骨を赤紫、
軟骨を青色に染色をするという骨格研究の手法をベースとし、“本物
の生物標本”でありながら「命」をより身近に感じる”造形作品”
としての魅力も合わせ持つ「透明標本」。
学術標本としてだけでなく、気軽に感じられるサイエンスの入口
として、芸術やアート作品として、または哲学の扉として、今まで
にない新しい形で展示します。


【期 間】 4月2日(土)~5月8日(日)
      月曜休館【ただし5/2(月)は開館】
【時 間】 10:00~17:00(入場は16:30まで)
【料 金】 一般1,000円(800円)、小・中・高生700円(600円)
      3歳以上500円(400円) ※2歳以下無料
      ()内は前売、全て税込
       ※障害者の方は手帳のご提示で、ご本人様のみ無料。
      

場所・会場 静岡市清水文化会館マリナート 1階ギャラリー(静岡市清水区島崎町214)
アクセス JR清水駅みなと口(東口)徒歩約3分(駅自由通路直結)
TEL 054-353-8885(静岡市清水文化会館マリナート)
リンク 静岡市清水文化会館マリナート HP
2022/04/02

静岡市清水文化会館マリナート 会期中イベント 冨田伊織氏 講演会

詳しく見る

【日 時】 4月2日(土)13:00~14:00
【定 員】 250人
【料 金】 無料 ※要事前申込

 ●詳しくは、静岡新聞に掲載される広告やマリナートHPをご覧ください。

場所・会場 静岡市清水文化会館マリナート 小ホール(静岡市清水区島崎町214)
アクセス JR清水駅みなと口(東口)徒歩約3分(駅自由通路直結)
TEL 054-353-8885(静岡市清水文化会館マリナート)
リンク 静岡市清水文化会館マリナート HP
2022/04/02〜2022/04/10

静岡科学館る・く・る  テーブルサイエンス のぞいてみよう!温度変化の世界

詳しく見る

スタッフとお話ししながら目の前で実験を見て、科学のふしぎや楽しさを
みつけよう!
温度が変わると何かが起こる?!
実験しながら考えよう!

【日 時】 4月2日(土)・3日(日)・10日(日)
       12:00、13:00、14:00、15:00
       (各回20分程度)
【対 象】 どなたでも
【申 込】 不要
【参加費】 無料(入館料別途)
  

場所・会場 静岡科学館る・く・る (静岡市駿河区南町14-25)
アクセス JR静岡駅より徒歩約1分(エスパティオ8~10階)
TEL 054-284-6960(静岡科学館る・く・る)
リンク 静岡科学館る・く・る HP
2022/03/19〜2022/06/12

登呂博物館 《春季企画展》誕生 スルガノクニ ~静岡市の奈良・平安時代~

詳しく見る

「静岡市の歴史シリーズ第4弾」。7世紀後半、日本では大陸の
影響を受けた律令国家が誕生し、各地方は整備され、静岡市を
含む地域は「駿河国(するがのくに)」と呼ばれていました。
今回の企画展では、市内から出土した考古資料等をもとに、
この地方の奈良・平安時代の様相を紹介します。

【期 間】 3月19日(土)~6月12日(日)
【時 間】 9:00~16:30
【観覧料】 300円、大高生200円、
      小中学生50円(子どもカード提示で無料)
 


      
      

場所・会場 静岡市立登呂博物館(静岡市駿河区登呂五丁目10番5番) 
アクセス JR静岡駅南口よりバス「登呂遺跡」行終点。 駐車場あり(有料)
TEL 静岡市立登呂博物館  TEL:054-285-0476 FAX054-287-1466
リンク 登呂博物館
2022/02/26〜2022/05/08

みほしるべ 企画展 名勝指定100年「三保松原の100年とこれから」

詳しく見る
三保松原(冬)

名勝指定から現在までの三保松原の主な出来事や、松原保全の
取組のほか、同時に100周年を迎える全国各地の名勝についても、
写真や関連資料を展示し紹介します。

【期 間】2月26日(土)~5月8日(日)
【時 間】9:00~16:30
【入場料】無料 直接会場へ

場所・会場 静岡市三保松原文化創造センター(静岡市清水区三保1338-45)
アクセス JR清水駅よりバス「三保松原入口」下車
TEL 054-340-2100(静岡市三保松原文化創造センター みほしるべ)
連絡先 静岡市三保松原文化創造センター みほしるべ 
リンク みほしるべHP
2022/01/29〜2022/04/10

フェルケール博物館 ミニチュアねずみ展ー山下治子の世界ー

詳しく見る

山下治子は、静岡出身の洋画家山下充と共に長年にわたり南仏カンヌに
在住しており、2002年に帰国して静岡市清水区に移り住みました。
自身もねずみ年生まれであることから、ねずみのミニチュアを作り始め、
干支にちなんで12年おきに個展を開催しています。

一体わずか3~4センチほどのねずみにはきめ細かな衣装や小道具が
施され、その愛らしくどこかユーモラスな表情は、見る人に童話を
彷彿させる世界へと誘います。

30年以上にわたって創作し続けてきたねずみやスズメ、ウサギ、
カラスなど80点が彩る山下治子の世界を紹介します。
  
【期 間】1月29日(土)~4月10日(日) 
     休館日:月曜日(3月21日開館)
【時 間】9:30~16:30
【料 金】大人400円 中高生300円 小学生200円

場所・会場 フェルケール博物館(静岡市清水区港町2丁目8-11)
アクセス JR清水駅よりバス「波止場フェルケール博物館」下車
TEL 054-352-8060(フェルケール博物館)
リンク フェルケール博物館 HP
2022/01/25〜2022/04/03

静岡市東海道広重美術館 企画展『広重と富士山』、『信仰の山 富士』

詳しく見る

信仰の対象として、また芸術の対象として古くから日本人に
親しまれてきた富士山。
平成25年には『富士山ー信仰の対象と芸術の源泉』として
世界文化遺産に認定されました。
今回の企画展では、芸術と信仰の二つのテーマで富士山を紹介します。

大展示室では名所絵師として名を馳せた歌川広重が、その画業の晩年に
手掛けた富士山をテーマにした二つのシリーズ作品『冨士三十六景』と
『不二三十六景』を中心に広重の描く浮世絵に描かれた富士山を紹介します。
小展示室では江戸時代の中頃から庶民の間に広がった冨士講ブームを
富士登拝のための登山道を描いた絵地図を中心に、芸術と信仰の両面
から見る富士山を紹介します。

会期:Part 令和4年1月25日(水)~2月27日(日)
   Part 令和4年3月1日(火)~4月3日(日)
   ※各会期で絵画作品は全点展示入替があります。

関連イベント 学芸員によるギャラリートーク
※参加無料(入館料別途) 当日直接エントランスホールへお越しください。
2月6日(日)13:00~13:30
3月13日(日)13:00~13:30

開館時間:9:00~17:00
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は開館、翌平日休館)
入館料:一般520円、大学生・高校生310円、中学生・小学生130円
※各種割引制度等は公式HPでご確認ください。

場所・会場 静岡市東海道広重美術館
アクセス JR由比駅から徒歩25分
TEL 054-375-4454 (静岡市東海道広重美術館)
リンク 静岡市東海道歌川広重美術館 HP

Page Top ↑