グローナルナビゲーションをスキップして、本文へリンクします。

ここから本文です。

戻る

外観

志田邸
しだてい 

志田邸は、安政の大地震の翌年(1855年頃)に建築された町家で、蒲原の最古に属する建物です。
外観は、切妻造平入り、瓦ぶきで、土間の戸口には大戸の痕跡があります。また、東海道に面した店の間には、現在でも蔀戸(しとみど)が使われていて、往時をしのばせる雰囲気をかもし出しています。
志田邸は、屋号を「やま六」といい、醤油や味噌を醸造した商家であったことから、現在でも当時の道具が残っています。平成13年に国登録有形文化財になりました。また、醤油を醸造していた工場は、「東海道町民生活歴史館」として公開されています。

マイツアーに登録

外観
外観
外観
外観
展示
展示
住所 〒421-3203 静岡市清水区蒲原3-19-28
電話番号 054-385-7557
ホームページ http://kanbarasyuku.com/index.html
利用料 大人:300円
子供:200円
利用料(その他割引など) 10名以上の団体は1名200円
営業・利用時間 水 土 日 祝日 10:00~15:00
定休日 月、火、木、金、年末年始
祝日の翌日、夏期(8/10~18)、年末年始(12/23~1/8)
滞在時間の目安 60分
カード利用 不可
駐車場 普通車:11台
交通案内 JR新蒲原駅から徒歩約5分
新東名高速道路・新清水ICから国道52号線、国道1号線を経由して約40分

戻る

Page Top ↑