グローナルナビゲーションをスキップして、本文へリンクします。

ここから本文です。

イベント情報

予告なく行事の開催日時、内容が変更となる場合があります。あらかじめご承知おき下さい。

2020年度

美術館・博物館・その他

2020/09/26〜2020/10/11

CCC公募展入選者展覧会 「存命故人のフレアゴースト」

詳しく見る

生きているうちに存在を知られなかった表現者がいる。
死んでから有名になった作家がいる。

~例えば故人の作品を愛でるように~

生前著名だった筈の、無名で名高いゲイ人達が
存命故人として呈示する。

【期間】9月26日(土)~10月11日(日)10:00~21:00
【入場料】無料
【作家在廊日】仮説Twitterよりご確認頂けます。https://twitter.com/kasetsu_2piece 

場所・会場 静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター(2Fギャラリー)
アクセス JR静岡駅より徒歩約15分
TEL 054-205-4750(静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター)
リンク 静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター HP
2020/09/26〜2020/10/11

CCC公募展入選者展覧会 SiG イラスト展「静岡イラストレーター見本市」

詳しく見る

静岡のサブカルクリエーター達によるイラストの見本市、はじめます。

地元静岡との『キズナづくり』を目的に、静岡県内を拠点に活動するサブカルクリエーター達で
ギルド『SiG(Sizuoka illustrations Guild)』を立ち上げました。
初の展示会のテーマは『空中展示』
こんな時期だからこそ、非日常に触れるときぐらいは、上を向いて欲しいという想いを込めたコンセプトです。

【期間】9月26日(土)~10月11日(日)10:00~21:00
【入場料】無料
【作家在廊日】土曜日・日曜日
9月19、20、26、27日
10月 3、4、10、11日
【公開制作】日曜日(時間は未定)

場所・会場 静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター(1Fギャラリー)
アクセス JR静岡駅より徒歩約15分
TEL 054-205-4750(静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター)
リンク 静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター HP
2020/09/19〜2020/11/08

静岡県立美術館 富野由悠季の世界

詳しく見る
©⼿塚プロダクション・東北新社 ©東北新社©サンラ イズ ©創通・サンライズ ©サンライズ・バンダイビジュアル・バン ダイチャンネル ©SUNRISE・BV・ WOWOW©オフィス アイ

「鉄腕アトム」の演出でデビューし、「機動戦士ガンダム」、「伝説巨神イデオン」、「聖戦士ダンバイン」といった多くの記念碑的作品を送り出してきたアニメ監督・富野由悠季。本展はその半世紀以上にわたる仕事を振り返る初の展覧会です。富野はそれまでのロボットアニメでは常識とされてきた勧善懲悪的ストーリーを退け、リアリティを備えたメカニックやキャラクターを通じてシリアスな人間ドラマを描き、このジャンルを大いに発展させました。今なお発展を続ける富野アニメの世界を、直筆絵コンテや、クリエーターたちのデザイン画、原画、セル画などの原資料を元に検証します。

【期 間】 9月19日(土)~11月8日(日) 
      10:00~17:30(展示室の入室は17:00まで)
      ※休館日は毎週月曜日
      (月曜日が祝日・振替休日の場合は開館し、翌日休館。
       ただし、9月23日(水)は 休館、11月2日(月)は開館。)
【観覧料】 一般 1,200円(団体1,000円)
      70歳以上600円(団体500円) ※団体は20名以上
      大学生以下無料

場所・会場 静岡県立美術館(静岡市駿河区谷田53-2)
アクセス 静鉄「県立美術館前駅」から徒歩約15分
TEL 054-263-5755(静岡県立美術館)
リンク 静岡県立美術館HP
2020/09/19〜2020/10/11

めぐるアート静岡 2020 占部史人with静岡大学絵画ゼミ学生有志による壁画プロジェクト「『箱の生活』“Life in the Boxes”」

詳しく見る

これまで場をつくるような作品を多く発表してきたアーティスト・占部史人。今年5月から、自身が教える静岡大学教育学部の絵画ゼミ学生有志とともに、ヒロバの「コンテナ・アートベース」の外壁に壁画を描くプロジェクトを展開中です。9月には、壁画の完成とともに、アートベース内ギャラリーも使って展覧会も開催します。

【期 間】 9月19日(土)~10月11日(日) 
      10:00~16:00(金土日祝のみ開催)

場所・会場 東静岡アート&スポーツ/ヒロバ(静岡市葵区東静岡)
アクセス JR東静岡駅 北口すぐ
TEL 054-255-4746(公益財団法人静岡市文化振興財団)
リンク めぐるアート静岡2020 公式HP
2020/09/15〜2020/11/15

静岡県立美術館 曽宮一念とその時代

詳しく見る
曽宮一念《種子静物》 1934(昭和9)年

【期 間】 9月15日(火)~11月15日(日) 
      10:00~17:30(展示室の入室は17:00まで)
      ※休館日は毎週月曜日
      (月曜日が祝日・振替休日の場合は開館し、翌日休館。
       ただし、9月23日(水)は 休館、11月2日(月)は開館。)
【観覧料】 一般300円(団体200円)、70歳以上及び大学生以下無料

場所・会場 静岡県立美術館(静岡市駿河区谷田53-2)
アクセス 静鉄「県立美術館前駅」から徒歩約15分
TEL 054-263-5755(静岡県立美術館)
リンク 静岡県立美術館HP
2020/09/12〜2020/11/15

駿府匠宿 灯り展

詳しく見る

駿河竹千筋細工・家具・陶芸など様々な分野の職人による灯りをテーマとした展示即売会です。

【期間】9月12日(土)~11月15日(日)
9:00~16:00

場所・会場 駿河匠宿(別館おもしろ体験館)
アクセス JR静岡駅よりバス「吐月峰駿府匠宿入口」下車、徒歩約5分
TEL 054-256-1521(駿府匠宿)
リンク 駿府匠宿 HP
2020/09/05〜2020/11/08

県の鳥 サンコウチョウ

詳しく見る
サンコウチョウ

「月(つき)・日(ひ)・星(ほし)・ほぃほぃほぃ・・・」
“三光”(月・日・星)が入るさえずりからその名がついたサンコウチョウ。静岡県の「県の鳥」でもあるこの美しい渡り鳥の生態に、静岡新聞社の二神 亨カメラマンが迫りました。子育てから巣立ちまで、県内でのくらしを多数の貴重な写真や動画で紹介します。

【期 間】 9月5日(土)~11月8日(日)
      ※休館日は毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
【観覧料】 常設展の観覧券で御覧になれます。

場所・会場 ふじのくに地球環境史ミュージアム
アクセス JR静岡駅よりバス美和大谷線「ふじのくに地球環境史ミュージアム」下車
TEL 054-260-7111(ふじのくに地球環境史ミュージアム)
リンク ふじのくに地球環境史ミュージアムHP
2020/09/05〜2020/11/08

第3回ふじミュー写真展 「四季折々のしずおかの生き物」

詳しく見る
四季折々のしずおかの生き物

「百年後の静岡が豊かであるために」を活動テーマとする静岡県立博物館「ふじのくに地球環境史ミュージアム」では「私が百年後に残したい“ふじのくに”~静岡の人と自然~「四季折々のしずおかの生き物」をテーマに、皆さまから写真をご応募いただきました。身近な自然環境の美しさ、豊かさが表現された作品の中から、選りすぐりの作品を展示します。

【期 間】 9月5日(土)~11月8日(日)
      ※休館日は毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
【観覧料】 常設展の観覧券で御覧になれます。

場所・会場 ふじのくに地球環境史ミュージアム
アクセス JR静岡駅よりバス美和大谷線「ふじのくに地球環境史ミュージアム」下車
TEL 054-260-7111(ふじのくに地球環境史ミュージアム)
リンク ふじのくに地球環境史ミュージアムHP
2020/08/12〜2020/10/11

ふじのくに地球環境史ミュージアム トピックス展「地球上に魚は何種類いるか?」

詳しく見る

「水の惑星」地球。その水面下に繁栄する魚の多様性には「未知」の部分が少なくありません。地球上に魚は何種類いるのか。日本や東南アジアを舞台に調査を続けてきた研究員が、最新の研究成果をふまえて紹介します。

【期 間】 8月12日(水)~ 10月11日(日) 
      ※休館日は毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
【観覧料】 一般300円、団体一人につき200円、大学生以下・70歳以上無料

場所・会場 ふじのくに地球環境史ミュージアム
アクセス JR静岡駅よりバス美和大谷線「ふじのくに地球環境史ミュージアム」下車
TEL 054-260-7111(ふじのくに地球環境史ミュージアム)
リンク ふじのくに地球環境史ミュージアムHP
2020/07/21〜2020/11/23

芹沢銈介美術館 ―模様をめぐる88年の旅―

詳しく見る
芹沢銈介美術館 ―模様をめぐる88年の旅―

もともと画家を目指していた芹沢は、20代にはデザイナーとして活躍し、32歳の時に柳宗悦に出会い、やがて染色作家としてデビューします。芹沢の類まれな模様の才能を見出した柳。柳が指し示した模様の道を、型染という技法で一筋に歩いて行ったのが芹沢だったといえます。
本展覧会では、型染を主軸に、「模様」に真摯に向き合いながら仕事をつづけた芹沢の生涯を、初期の作品から晩年の代表作まで、200点の代表作を通じて綴ります。
※全館作品の展示です。(収集品は展示されません。)

■開催日:2020年7月21日(火)~11月23日(月・祝)9:00~16:30※月曜休館
■料 金:一般420円、大高生260円、小中生100円

場所・会場 静岡市立芹沢銈介美術館
アクセス JR静岡駅よりバス「登呂遺跡」下車
TEL 054-282-5522(静岡市立芹沢銈介美術館)
リンク 静岡市立芹沢銈介美術館 HP

Page Top ↑