グローナルナビゲーションをスキップして、本文へリンクします。

ここから本文です。

イベント情報

予告なく行事の開催日時、内容が変更となる場合があります。あらかじめご承知おき下さい。

2024年度

美術館・博物館・その他

2024/07/30〜2024/10/06

出張!日本平動物園「帰ってきた うきよえどうぶつ館」

詳しく見る
出張!日本平動物園「帰ってきた うきよえどうぶつ館」ちらし

静岡市東海道広重美術館 開館30周年・静岡市立日本平動物園 開園55周年記念特別企画

「帰ってきた うきよえどうぶつ館」の別館として、日本平動物園が所有する貴重な標本や剥製を東海道由比宿交流館にて期間限定で展示します。


【関連企画 1】
 ◆会 場:東海道由比宿交流館(由比本陣公園内)
 ◆会 期:2024年7月30日(火)~10月6日(日)
 ◆休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)
 ◆入館料:無料

【関連企画 2】
 講演会「動物をみることの歴史-見世物から動物園へ」
 珍しい動物を見ると病気が治ったり、夫婦円満になったりする時代が、ほんの160年ほど前までありました。そんなご利益を謳い文句に、ラクダやゾウが見世物になりました。そのあとに動物園の時代がやってきます。
動物と人間の関係が、時代とともにどう変化したかを振り返ります。

 ◆講 師:木下直之(静岡県立美術館 館長)
 ◆日 時:2024年8月11日(日)13:30~15:00
 ◆会 場:当館2階講座室
 ◆参加費:無料 ※入館料別途
 ◆定 員:20名
 ◆申込み:WEBサイト・電話(054-375-4454)※先着順

【関連企画 3】
 ワークショップ「ポストカードの浮世絵版画摺り体験」
 ◆日 時:2024年9月23日(月・振休)10:00~15:00
 ◆会 場:当館2階ラウンジ
 ◆参加費:110円 ※入館料別途
 ※予約不要、期間中誰でもご自由にご参加いただけます。

場所・会場 東海道由比宿交流館(由比本陣公園内)
アクセス JR静岡駅から東海道本線由比駅(約20分)下車、由比駅から徒歩25分
TEL 054-375-5166
リンク 由比本陣公園
静岡市東海道広重美術館
2024/07/27〜2024/09/29

カナレットとヴェネツィアの輝き

詳しく見る

カナレットをご存じですか?彼は18世紀ヴェネツィアで活躍し、この水の都の情景を、鮮やかに描き出しました。イギリスからの旅行者達に非常に愛されたカナレットは、同地にも赴いて、幾多の名品を残しました。 本展は、彼の作品に代表される、都市や名所を精密に描いた景観画「ヴェドゥータ」をまとめてご紹介する展覧会です。モネ、シニャックなど、後の世代の画家達の描くヴェネツィアもまた、併せてご覧頂きましょう。大運河を行き交うゴンドラ、華やかな祝祭の様子を、旅人になったつもりでお楽しみください。

開催期間 2024年7月27日(土)~9月29日(日)
開館時間 10:00~17:30(展示室の入室は17:00まで)
休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は開館し、翌日休館。)
観覧料
前売券一般:1,300円/70歳以上、大学・高校生:700円/中学生以下:無料
当日券一般:1,500円/70歳以上、大学・高校生:800円/中学生以下:無料
団体券一般:1,300円/70歳以上、大学・高校生:700円/中学生以下:無料
・収蔵品展、ロダン館も併せてご覧いただけます。
・「70歳以上、大学・高校生」の券をお持ちの方は、当日、年齢や学校等を確認出来るものをご持参ください(各種プレイガイドでの購入時の提示は不要です)。
・団体料金は有料観覧者20名以上の場合に適用。団体のお申込は企画総務課まで。混雑状況によりお受けできない場合がございます。
・身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方と付添者1名は無料。
前売券について
前売券は2024年7月26日(金)までの販売
[前売・当日券]チケットぴあ、セブンイレブン[Pコード共通:686-923]、セブンチケット[セブンコード:105-551]、ローソンチケット、ミニストップ[Lコード共通:43745]、CNプレイガイド(ファミリーマート)、静岡県立美術館
[前売券のみ]
大和文庫、戸田書店(江尻台書店)、静岡市美術館ミュージアムショップ

場所・会場 静岡県立美術館
アクセス 静岡鉄道「県立美術館前」駅南口から、徒歩15分またはバス約3分
TEL 企画総務課 054-263-5755 
連絡先 学 芸 課 054-263-5857
リンク 静岡県立美術館HP
2024/07/27〜2024/08/25

CCC 夏休みの自遊研究 特別企画『ワクワク!キットパス大博覧会』

詳しく見る
ペトロアンドヨゼフ「田川誠/深澤慎也」

見ているだけで、楽しくなってくる!

WAKU! WAKU!
不思議と気持ちが踊り始める。幸せ気分になってくる。
アメリカでも大人気のペトロアンドヨゼフWORLDにようこそ。

ペトロアンドヨゼフがCCCやアメリカ各地で
キットパスを使って制作してきた108体のキャラクターが勢ぞろい!

子どもたちとお絵描きした大型作品も登場します。
ワークショップあり、旅の報告会ありの、盛りだくさんなワクワク大博覧会の開幕です。


【期 間】2024年7月27日(土)~8月25日(日)
     ※月曜休館 
【時 間】10:00~20:00(CCCは21:00まで開館)

場所・会場 静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター 2F ギャラリー(静岡市葵区七間町15番の1)
アクセス JR静岡駅より徒歩約15分
TEL 054-205-4750
連絡先 静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター 
リンク 静岡市文化・クリエイティブ産業振興センターHP
ワークショップの詳細について
2024/07/27〜2024/08/25

ソウゾウの翼を広げよう!CCC夏休みの自遊研究

詳しく見る

昨年初開催して大好評!ソウゾウ力は人ならではの宝物です。
自由であればあるほど、子どもたちの才能は開花します。
プラッと来て、涼しい部屋で自由に遊んで帰る。
クッションフロアの上で紙や画材を使って絵を描いたり、
間伐材の切れ端を使ったアート作品づくりなど、自分の感性で遊ぶ。
お子さまだけでなく、お母さん、お父さんも楽しめる内容です。
気軽に、お買い物途中にでもお立ち寄りください。

どれも見逃せない!7組のCreatorによるユニークなワークショップ

すべてが、刺激的。日頃、あまり会うことのない現役のアーティストやデザイナー。
クリエーターと呼ばれる彼らと一緒に何かを創る時間を持つことは、子どもたちにとっては、とても良い経験になると思います。


【期 間】2024年7月27日(土)~8月25日(日)要予約※月曜休館
【時 間】各開催日で時間が異なりますので、静岡市文化・クリエイティブ産業振興センターのHPを参照ください。
【会 費】無料

場所・会場 静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター 1F ギャラリー(静岡市葵区七間町15番の1)
アクセス JR静岡駅より徒歩約15分
TEL 054-205-4750
連絡先 静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター 
リンク 静岡市文化・クリエイティブ産業振興センターHP
申し込み先
2024/07/26〜2024/09/23

静岡市美術館「珠玉の東京富士美術館コレクション 西洋絵画の400年」

詳しく見る

~ティントレット、ヴァン・ダイクからモネ、ルノワール、シャガールまで~

1983年に東京都八王子市に開館した東京富士美術館は、
国内外で制作された幅広い時代の絵画・版画・彫刻・写真・陶磁器等を約3万点収蔵しています。
とくにその西洋絵画コレクションは、16世紀のイタリア・ルネサンスから20世紀の近現代美術までを網羅し、
国内屈指の充実度を誇ります。
本展では同館の所蔵品から選りすぐられた80点余の西洋絵画を展覧します。
西洋では伝統的に神話画や宗教画が高尚な絵画ジャンルとして重視されましたが、
近代になると斬新な絵画主題の開拓や、造形表現そのものの革新へと画家たちの関心が移っていきました。
モネ、ルノワール、ゴッホ、シャガールといった人気画家のほか、
ティントレット、ヴァン・ダイク、クロード・ロランら古典的巨匠オールド・マスターの名画を通して、
西洋絵画400年の歴史をご堪能ください。


【会期】2024年7月26日(金)〜9月23日(月・祝)

【開館時間】10:00〜19:00(展示室への入場は閉館の30分前まで)

【休館日】毎週月曜日
※ただし祝日の場合は開館、翌火曜日は休館。8月13日(火)は臨時開館。

場所・会場 静岡市美術館 静岡市葵区紺屋町17-1葵タワー3階
アクセス JR静岡駅北口より地下道を利用して徒歩3分
TEL 054-273-1515
リンク 静岡市美術館ホームページ
2024/07/20〜2024/09/16

没入体験 IMMERSIVE WORLD(イマーシブワールド)

詳しく見る

IMMERSIVE WORLD(イマーシブワールド)が2024/7/20(土)にOPEN!

IMMERSIVE WORLD(イマーシブワールド)とは・・・
壁、天井、床など全体が映像で囲まれた、映像と音で没入体験ができる空間。
一歩踏み入れると没入する感動を追求。
3DCG技術とオリジナルストーリーをお楽しみください。


開催期間:2024年7月20日(土)~9月16日(月祝)
定休日:毎週火曜日・7月22日~26日・7月29日~31日・9月2日~6日・9月9日~13日
営業時間:10時~18時(17時最終入場)
主催:株式会社リバティー みらい部

場所・会場 リバティーリゾート久能山町屋内イマーシブワールド館
アクセス 東名静岡ICから車で約20分
TEL 054-204-1326
連絡先 株式会社リバティー みらい部 
リンク
2024/07/20〜2024/09/08

模型の系譜-静岡から世界へ プラモデル100年展

詳しく見る

昭和レトロと模型の近未来を楽しもう

スーパーカー、デコトラ、映画やテレビドラマ関連のプラモデルなど
多彩な作品が並びます。有機溶剤の入った接着剤、着色不要なプラモデルも
お目見え。プラモデルの「これから」を知ることができます。

★イベント情報★
8月2日(金)、8月7日(水)に
プラモデルのお話&ものづくり体験

事前申し込みが必要。小学生と保護者。要入館)
(詳細が決まり次第、下記URLで発表します)
http://www.sbs-bunkafukushi.com//museum/exhibi/index.html

【開催期間】
2024/07/20~2024/09/08
【開催時間】
10:00~17:00(最終受付16:30)
【会 場】
駿府博物館
【休館日】
月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)
【観覧料】
800円
※障害者手帳を提示の方、中学生以下無料
【主催・協力・後援など】
【主催】駿府博物館、静岡新聞・静岡放送

場所・会場 駿府博物館
アクセス JR静岡駅南口、しずてつバス21番乗り場《みなみ線》中田経由、「駿河区役所・静岡新聞社前」バス停下車。徒歩3分
TEL 054-284-3217
連絡先 静岡新聞・静岡放送文化福祉事業団 
リンク 駿府博物館HP
2024/06/08〜2024/09/01

しずおかタイムトラベル

詳しく見る

~縄文時代から奈良・平安時代をたどる~

この展示では、学校で歴史を学びはじめる生徒のみなさんをはじめ一般の皆様に向けて、教科書で学ぶ内容を静岡市という場所に置き換えて掘り下げます。静岡市内の遺跡から発見された出土品を紹介し、原始・古代(縄文時代~奈良・平安時代)を中心に、静岡市の歴史をたどっていきます。

当時の人々は静岡でどんな暮らしを営んでいたのでしょう?この夏、大昔の静岡を旅してみませんか。

開催期間:令和6年6月8日(土)~令和6年9月1日(日)
休館日:月曜日、祝日の翌日※7月15日(月)、8月12日(月)は開館
開館時間:9:00~16:30
観覧料:一般300円、高校・大学生200円、小・中学生50円

場所・会場 静岡市立登呂博物館 2階 特別・企画展示室
アクセス JR静岡駅南口22番乗り場から石田街道線「登呂遺跡」行き(10分)終点下車
TEL 054-285-0476
連絡先 静岡市立登呂博物館 
リンク 静岡市立登呂博物館HP
しずおかタイムトラベル資料
2024/06/01〜2024/08/12

悠久の海辺~松瀬千秋が描く富士山と三保松原

詳しく見る

富士山と三保松原の風景は、時代を超えて芸術の創造にインスピレーションを与え続けてきました。
今回の企画展では、清水区在住のアーティスト・松瀬千秋氏が色彩豊かに富士山や三保松原などを描いた作品約50点を展示します。
現代のアーティストが、富士山や三保松原から感じた美しさやエネルギーを表現した作品の数々をお楽しみください。

会期:令和6年6月1日(土)~令和6年8月12日(月・休)
時間:9時00分~16時30分
料金:無料
場所:みほしるべ1階展示室・通り土間

【会期中イベント】

■企画展ギャラリートーク
日時:令和6年6月15日(土)、7月14日(日)14時~15時
講師:松瀬千秋氏
場所:みほしるべ1階展示室
申込:不要、当日直接1階展示室へ
※混雑状況により入場を制限する場合があります

■プラバンでチャームづくり
松瀬千秋氏の作品をもとに、色鉛筆やマジックを使って作ります。
日時:7月14日(日)、21日(日)10時~15時 随時受付
定員:各日30名(無料・先着順)
申込:不要、当日直接会場へ
※定員に達し次第終了

■みほしるべ展示クイズラリー
みほしるべの展示を見てクイズに挑戦!参加者にはオリジナル缶バッジをプレゼント
日時:企画展開催期間中の日曜祝日 9時~15時 随時受付
※6月16日(日)を除く
定員:各日30名(無料・先着順)
申込:不要、当日直接会場へ
※定員に達し次第終了

場所・会場 みほしるべ
アクセス 清水駅から三保方面行きバス約25分、「三保松原入口」下車徒歩約15分
TEL 054-340-2100
連絡先 みほしるべ 
リンク みほしるべHP

Page Top ↑