グローナルナビゲーションをスキップして、本文へリンクします。

ここから本文です。

イベント情報

予告なく行事の開催日時、内容が変更となる場合があります。あらかじめご承知おき下さい。

2024年度

美術館・博物館・その他

2024/05/26

京都 細見美術館の名品 ―琳派、若冲、ときめきの日本美術―

詳しく見る

京都 細見美術館の名品
―琳派、若冲、ときめきの日本美術―

2024年4月13日(土)~5月26日(日)

京都・細見美術館の収蔵品は、昭和の実業家・細見良(初代古香庵)に始まる細見家三代により80年近くをかけ蒐集され、日本美術史を総覧するコレクションとして国内外から高い評価を受けています。

本展では、細見美術館の開館25周年を記念し、約1000点に及ぶ良質なコレクションの中から重要文化財8件を含む名品104件を厳選して紹介します。
古墳時代の考古遺物や平安・鎌倉時代の仏教・神道美術、室町時代の水墨画、茶の湯釜、桃山時代の七宝装飾、茶陶、江戸時代の風俗画、肉筆浮世絵、そして現代でも高い人気を誇る琳派、伊藤若冲など、コレクターの心をときめかせ、魅了した美の世界を存分にお楽しみください。

〈展覧会情報〉
会期
2024年4月13日(土)~5月26日(日)
※期間中、一部展示替えがあります

開館時間
10:00〜19:00(展示室への入場は閉館の30分前まで)

休館日
4月15日(月)、4月22日(月)、5月7日(火)、5月13日(月)、5月20日(月)

場所・会場 静岡市立美術館
アクセス JR静岡駅北口より徒歩3分
TEL 054-273-1515
リンク 静岡市立美術館HP
2024/05/25〜2024/05/25

第6回 ミニロボ祭り

詳しく見る

~初心者から上級者まで楽しめる体験ブースが盛りだくさん~

組立式サッカーロボット「ミニロボ」で遊べる
様々なブースを全て無料で体験することができます!
お祭りだけでしか体験できないブースが盛りだくさんです。
ぜひ遊びに来てください!


【開催日】
2024年5月25日(土)10:00~16:00

【会場】
清水マリンターミナル2階 多目的ホール
静岡市清水区日の出町10-80

【主催】
一般社団法人ミニロボ
【後援】
静岡市/静岡市教育委員会
【共催】
東海溶材株式会社/協立電機株式会社/SUS株式会社/株式会社アイエイアイ

場所・会場 清水マリンターミナル2階多目的ホール
アクセス 清水駅・新清水駅よりドリームプラザ行き無料シャトルバス約10分。ドリームプラザより徒歩約12分。
リンク ミニロボホームページ
2024/05/18〜2024/05/19

【令和6年度】春の園芸市

詳しく見る

~今年も花と緑あふれる「春の園芸市」を開催いたします~

会場には、花木、観葉植物、多肉植物などを中心に100件を超えるお店がずらりと並び多くのお客さんで賑わいます。
「お花のオークション」「赤土のプレゼント」「お子様にヨーヨーのプレゼント」「お手頃価格での花木、園芸用品などの販売」「予約不要のワークショップやイベント」などおトクで楽しいイベントが盛りだくさんです。飲食のお店もたくさん出店いたします。

今回より、『オープンガーデン巡り』(事前申込要)が復活、
新イベント『クイズに答えて、しず花ひめグッズをもらおう!』が登場!
本部テントでは、お花の種やお花の冊子の無料プレゼントや100円以上の緑の募金でお花の苗を差し上げます!

皆様お誘いあわせのうえ、是非ご来場ください。


【開催期間】
令和6年5月18日(土)・19日(日) 9:00~16:00
※雨天決行(荒天中止)

【入場料】
無料

【会場】
清水日本平運動公園多目的広場
IAIスタジアムすぐ上(清水区村松3880-1)

【駐車場】
無料駐車場有/770台

【主催】
静岡市花と緑のまちづくり協議会
(事務局:静岡市役所 緑地政策課内)

場所・会場 清水日本平運動公園多目的広場
アクセス ①JR清水駅西口バスターミナル2番乗り場より約17分~約20分 ②静鉄新清水駅バスターミナル3番乗り場より約15分~約20分
連絡先 静岡市花と緑のまちづくり協議会(事務局) 054-221-1249
静岡市コールセンター(当日開催可否問合せ先) 054-200-4894
リンク 静岡市ホームページ
2024/05/18〜2024/06/16

「HUBクリエーター展2024」しずおかの緑 THE GREEN OF SHIZUOKA

詳しく見る

「しずおかの緑」をテーマに創作したクリエーターの展覧会
静岡はいま、新茶シーズン真っ盛り。街のかしこでお茶の香りが漂い私たちの心を満たしてくれます。
さて、「しずおかの緑」と言ったらどんな緑を思い浮かべますか?
お茶に限らず豊かな緑が私たちの身の回りに溢れています。
当展覧会は、CCCに登録する様々なジャンルのクリエーターが「しずおかの緑」をテーマに
日頃の仕事をとおして創作した作品展です。当展覧会が、当たり前にある緑の尊さを共に考えるきっかけとなれば幸いです。

場所・会場 CCC - 静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター
アクセス 〒420-0035 静岡県静岡市葵区七間町15-1
TEL 054-205-4750
連絡先 CCC - 静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター 
リンク CCC - 静岡市文化・クリエイティブ産業振興センターHP
2024/04/16〜2024/05/31

【施設情報】せかいの劇場ミニミュージアム「テアトロン」がオープン!

詳しく見る

2023年4月、静岡県舞台芸術公園に
【せかいの劇場ミニミュージアム「てあとろん」】がオープン。

 SPAC-静岡県舞台芸術センターの活動拠点の一つ、静岡県舞台芸術公園。
その入り口にある休憩所「カチカチ山」を、古今東西の劇場の歴史がわかる
ミニミュージアムとしてリニューアルしました
(休憩所としてもご利用いただけます)。

 舞台芸術公園は、「自然との共生・調和」をコンセプトに整備され、
園内には3つの劇場が建てられています(野外劇場「有度」、屋内ホール「楕円堂」、
稽古場棟「BOXシアター」)。
これらの劇場には、古代ギリシアから中世ヨーロッパ、現代へと変遷してきた
劇場建築の髄がふんだんに盛り込まれています。
そんな“生きた劇場博物館”でもある舞台芸術公園、その背景となる世界の劇場の歴史を、
ミニミュージアム「てあとろん」では詳しくご紹介しています。

 [テアトロン:theatron]は、ギリシア語で「見物する場所」、
広くは「劇場・演劇」を意味します。
古代から現代にいたるまで「演劇」は私たち人類とともにあり、
世界中のどんなところにも演劇を上演するための場所=「劇場」がありました。
時代とともにさまざまに変化し、現代へと受け継がれてきた劇場。
それらを巡る小さな旅にお出かけください。


【入館料】無料

【開館時間】10:00~18:00 ※月曜休館

場所・会場 静岡県静岡市駿河区平沢100-1(休憩所「カチカチ山」内)
アクセス JR静岡駅よりバス「しずてつジャストライン静岡日本平線」乗車、バス停「舞台芸術公園」下車
TEL 054-208-4008
連絡先 静岡県舞台芸術公園(10:00~18:00※休業日をのぞく) 
リンク ホームページ
2024/04/13〜2024/07/07

テオ・ヤンセン展

詳しく見る

オランダのアーティストであるテオ・ヤンセン(1948-)によって創り出されたストランド・ビーストの世界を体感できる展覧会です。ストランド・ビーストはプラスチック・チューブやペットボトルなど、身近な素材から構成され、風力によって歩行などを行う仕組みを備えています。本展では様々な種類のストランド・ビーストとともに、映像やスケッチを展示することで、テオ・ヤンセンによる創作の秘密に迫ります。展示室では、巨大なストランド・ビーストを動かす実演を行い、迫力のある姿をご覧いただけます。

基本情報
ダウンロード
オランダのアーティストであるテオ・ヤンセン(1948-)によって創り出されたストランド・ビーストの世界を体感できる展覧会です。ストランド・ビーストはプラスチック・チューブやペットボトルなど、身近な素材から構成され、風力によって歩行などを行う仕組みを備えています。本展では様々な種類のストランド・ビーストとともに、映像やスケッチを展示することで、テオ・ヤンセンによる創作の秘密に迫ります。展示室では、巨大なストランド・ビーストを動かす実演を行い、迫力のある姿をご覧いただけます。

展覧会基本情報
・開催期間
 2024年4月13日(土)~7月7日(日)
・開館時間
 10:00~17:30(展示室の入室は17:00まで)
・休館日
 毎週月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は開館し、翌日休館。)

場所・会場 静岡県立美術館
アクセス JR東海道線「草薙」駅県大・美術館口から、徒歩約25分またはバス約6分
TEL 054-263-5755
連絡先 静岡県立美術館 企画総務課 
リンク 静岡県立美術館HP
2024/04/02〜2024/06/16

芹沢銈介美術館 企画展「染色家の絵心 芹沢銈介の肉筆画」

詳しく見る

 少年のころから絵を得意とし画家を夢見ていた芹沢は、晩年になると「ガラス絵」や「板絵」などの絵画作品も積極的に制作しました。また作品のアイデアを即興的に描いた絵を貼りこんだ「手控帖」は、画家バルテュスが「芹沢は魔法の手を持っている」と絶賛したほどでした。この展覧会では、ガラス絵、板絵、手控帖など芹沢の絵画作品約40点をご紹介します。
 展示室の後半には、芹沢銈介の収集品から、インド、エチオピア、ルーマニア、メキシコなどの「世界の絵画」約50点を展示します。


【開催期間】2024年4月2日(火)~2024年6月16日(日)

【開館時間】9:00~16:30
      <休館日>毎週月曜日(4/29、5/6は開館)、4/30、5/7

【観覧料】一般420円/高校生・大学生260円/小学生・中学生100円/未就学児無料
     (団体割引は30名以上でご利用いただけます)
     ※静岡市内在住の70歳以上の方・小中学生(通学含む)無料
     ※障がい者手帳等の提示により本人及び同伴者1名無料

【駐車場】登呂公園南側に〈有料〉駐車場有(普通車400円/1日)

場所・会場 静岡市立 芹沢銈介美術館  静岡市駿河区登呂五丁目10-5(登呂公園内)
アクセス JR静岡駅南口22番バス乗り場より「登呂遺跡」行き乗車約10分。終点下車、徒歩約3分。
TEL 054-282-5522
リンク 芹沢銈介美術館HP
2024/04/02〜2024/06/30

ふじのくに地球環境史ミュージアム企画展「収蔵品展2024 古生物技師 宮澤市郎の世界」

詳しく見る

静岡の熱き化石ハンター!

ミュージアムで古生物技師として活動する宮澤市郎氏。アンモナイトやナウマンゾウなど数々の化石を採集してきた宮澤氏のコレクションと観察ノートを公開します。紙工作職人としての顔をあわせ持つ宮澤氏が作った絶滅動物の模型とともに地球生命史をご覧ください。


★イベント情報★

①「化石クリーニング体験」当日開催時間内受付・1回約15分
日時:4月21日(日)13:30~15:00
   6月9日(日)13:30~15:00
会場:企画展示室1

②「ギャラリートーク」当日受付
日時:5月3日(金・祝)13:30~14:00
講師:宮澤市郎
(NPO法人静岡県自然史博物館ネットワーク)
会場:企画展示室1

③「ギャラリートーク」当日受付
日時:5月4日(土・祝)13:30~14:00
講師:西岡佑一郎(ミュージアム研究員)
会場:企画展示室1


【企画展開催期間】2024年4月2日(火)~2024年6月30日(日)

【開館時間】10:00~17:30(最終入館17:00)
      ※休館日は毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は次の平日)、年末年始

【観覧料】企画展ごとに異なります。詳細は直接現地までお問い合わせください。

【駐車場】無料(200台)

場所・会場 ふじのくに地球環境史ミュージアム  静岡市駿河区大谷5762(旧 県立静岡南高校)
アクセス JR静岡駅北口バスターミナル8番乗り場より美和大谷線「ふじのくに地球環境史ミュージアム」行き乗車、約30分。終点下車。
TEL 054-260-7111
リンク ふじのくに地球環境史ミュージアムHP

Page Top ↑