グローナルナビゲーションをスキップして、本文へリンクします。

ここから本文です。

イベント情報

予告なく行事の開催日時、内容が変更となる場合があります。あらかじめご承知おき下さい。

2021年度

美術館・博物館・その他

2021/06/19〜2021/08/29

静岡市美術館 没後70年 吉田博展

詳しく見る
吉田博《富士拾景 朝日》大正15(1926)年

明治から昭和期まで活躍した洋画家の
吉田博(1876~1950)は風景画の巨匠として知られます。
本展では後半生に没頭した北版画約200点を中心に、
油彩画、水彩画、写生帖、版木をあわせて紹介し、
吉田博が捉えた美の世界を探訪します。

【期  間】6月19日(土)~8月29日(日)
【開館時間】10:00~19:00(入場は閉館の30分前まで)
【休 館 日】毎週月曜日 
      ※ただし8月9日(月・休)は開館、10日(火)休館
      ※会期中、一部展示替えがあります。
       前期7月25日(日)まで、後期7月27日(火)から    
【観 覧 料】一般 1,300(1,100)円
      大学生・70歳以上 900(700)円
      中学生以下無料

      ※リピーター割引:2回目以降本展の 有料観覧券
       半券提示で当日券200円引き
      ※()内は前売と当日のみの20名以上の団体料金
      ※障がい者手帳等をご持参の方および
        介助者原則1名は無料
      ※静岡市美術館HPより日時指定予約できます
【前 売 券】5月22日(土)から6月18日(金)まで販売
      

場所・会場 静岡市美術館
アクセス JR静岡駅北口より徒歩3分(葵タワー3F)
TEL 054-273-1515
リンク 静岡市美術館 HP
2021/05/15〜2021/07/04

みほしるべ企画展 「三保松原小さな花コレクション」

詳しく見る

令和元年以降、一般財団法人三保松原保全研究所が確認できた約70種類の花を、
在来種・外来種問わず解説とともに写真で紹介します。
この機会にぜひ小さな花に注目して三保松原を散策してみてください。

【期 間】2021年5月15日(土)~2021年7月4日(日)
【時 間】9:00~16:30
【入場料】無料

場所・会場 静岡市三保松原文化創造センター みほしるべ
アクセス JR清水駅よりバス「三保松原入口」下車
TEL 054-340-2100(静岡市三保松原文化創造センター みほしるべ)
連絡先 静岡市三保松原文化創造センター みほしるべ 
リンク みほしるべHP
2021/05/07〜2021/09/02

静岡市民文芸作品募集中!

詳しく見る

静岡市民文芸は、静岡市内在住または静岡市に通勤・通学
している方で、文芸活動を職業としていない中学生以上の
方を対象にした、投稿作品によるコンクール形式
の文芸誌です。入選作品は「静岡市民文芸」に掲載され
各区役所にて販売されます。

【応募期間】 5月7日(金)~9月2日(木)当日消印有効
【応募部門】 小説、児童文学、評論・ノンフィクション、
          随筆・エッセイ
        現代詩、短歌、俳句、川柳
【 賞  】  市長賞(副賞:1万円相当)
        竹千代賞(副賞:5千円相当)
        奨励賞(副賞あり)
        佳作
        ※竹千代賞とは:各部門の応募者の中から
         19歳以下の応募者を対象に選考します。
【応募方法】 応募用紙等を下記までご郵送いただくか、
        ご持参ください。
        静岡市電子申請サービスでもご応募
        いただけます。
        〒420-0857
         静岡市葵区御幸町4-1 
         アーバンネット静岡ビル4階
          (公社)静岡市文化振興財団

        静岡電子申請サービスについてはこちらの
        HPをご覧ください。
        https://www.city.shizuoka.lg.jp/630_000162.html
       

TEL 054-255-4746(公財)静岡市文化振興財団
2021/04/24〜2021/11/07

ふじのくに地球環境史ミュージアム 県勢標本ー「静岡発」自然史コレクションから見えるものー

詳しく見る

ホンモノが、ここにある。
「県勢標本」とは、静岡県ゆかりの自然史標本のこと。
県産化石をもとに新種記載されたナウマンゾウ、
県内の地名が名につく生物や鉱物、地球上で本県の
一部のみに生育する生物など、静岡県初の
名だたる自然物は少なくありません。静岡県とは
どのような土地なのか。厳選した実際の「県勢標本」
たちが饒舌に語り始めます。

【期 間】 4月24日(土)~11月7日(日)
       ※休館日は毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌平日)
【場 所】 企画展示室1
【観覧料】 常設展の観覧券で御覧になれます。 300円 大学生以下
      70歳以上無料
 

場所・会場 ふじのくに地球環境史ミュージアム 企画展示室1
アクセス JR静岡駅北口よりバス美和大谷線「ふじのくに地球環境史ミュージアム」下車
TEL 054-260-7111(ふじのくに地球環境史ミュージアム)
リンク ふじのくに地球環境史ミュージアムHP
2021/03/30〜2021/07/04

静岡市東海道広重美術館 企画展 「各所江戸百景~広重の残した最後の江戸風景~」

詳しく見る

各所絵師として広くしられる歌川広重。その生涯に於いて最も多くの作品を手掛けたのは自身の住まう風景でした。本展ではその中の一つ、広重が最晩年に手掛けた集大成ともいえる「各所江戸百景」を紹介します。

【期 間】 3月30日(火)~7月4日(日)
      Part1 3月30日(日)~4月25日(日)
         江戸郊外の名所
      Part2 4月27日(火)~5月30日(日)
         江戸近郊の名所
      Part3 6月1日(火)~7月4日(日)
         江戸中心の名所

 ※学芸員によるギャラリートーク(自由参加)
      5月9日(日)13:00~13:30
      6月13日(日)13:00~13:30

場所・会場 静岡市東海道広重美術館(静岡市清水区由比297-1)
アクセス JR「由比駅」から徒歩約25分
TEL 054-375-4454(静岡市東海道広重美術館)
リンク 静岡市東海道広重美術館HP
2021/03/27〜2022/03/31

【緊急事態宣言に伴い運休】駿府城駿府城公園 「葵舟」

詳しく見る

2021年春、400年の時を超え家康公の夢を乗せた「葵舟」の運行が始まりました。
リニューアルした東御門から出発し、櫓や石垣を間近に眺め、橋の下をくぐり、
中堀1周約1.6kmを、30分程度かけてゆったりと巡ることができます。2隻の舟は、
静岡デザイン専門学校の学生が、静岡市に所縁のある家康公と、今川義元公を
イメージしてデザインしたのです。
ぜひ舟上から見る雄大な駿府城址t公園内の景観をお楽しみください。

【運行日時】 3月27日(土)~
      土日祝日(イベント時特別運行有)
      始発9時
      最終16時30分(30分間隔で運行)
【乗船方法】当日発券機にてお求めください。

      乗船料金
      大人(中学生以上)通常期 3月~11月  1200円
      子供(小学生以下)          600円
      大人(中学生以下)冬季  12月~2月  800円
      子供(小学生以下)           400円
      未就学児     大人1名につき1名無料
      ※4/29(木)までは就航記念特別料金
        大人 800円、子供400円

場所・会場 駿府城公園 東御門
アクセス JR静岡駅北口から徒歩約10分
TEL 0120-152-881(TOKAIケーブルネットワーク)
2021/03/01〜2021/09/13

グランシップ めぐるりアート+2021年展示 ことばのまわり ~船とゆく~ 乾 久子 ※観覧無料

詳しく見る

【日時】3月1日(月)~9月13日(月) 
    ※休館日を除く
【会場】①ショーウインドウ(東側/西側)
    ②エントランスホール
    ③エントランスホール 中ホール側
    ④2階エスカレーター踊り場
    ⑤3階エスカレーター付近
    ⑥9階エレベーターホール
    ⑦10階エレベーターホール

場所・会場 グランシップ
アクセス JR東静岡駅より徒歩5分
TEL 054-203-5710
リンク グランシップHP

Page Top ↑